VMware vCenter Server Appliance 5.5 のインストール

はじめに

vCenter Serverは従来のWindowsアプリケーションとLinuxベースの仮想アプライアンスが提供されています。

今回は仮想アプライアンスでのインストールを行います。

 参考URL

vCenter Server Appliance 5.x のダウンロードおよびデプロイ (2092800)

 

 vCenter Server Applianceのダウンロード

VMware社のダウロードサイトからファイルをダウンロードします。

ファイルの形式は以下のものが提供されていますが、今回は.ovaファイルをダウンロードおよび展開します。

VMware vCenter Server 5.x Appliance - OVF File
VMware vCenter Server 5.x Appliance - System Disk
VMware vCenter Server 5.x Appliance - Data Disk
VMware vCenter Server 5.x Appliance - OVA File

 

vCenter Server Applianceのデプロイ

vSphere Client でESXiに接続します。

f:id:shin569:20160509012136p:plain


ファイル > OVF テンプレートのデプロイ を選択。

f:id:shin569:20160509012310p:plain


ソースを指定する画面が表示されるので、「参照」ボタンをクリックし事前にダウンロードしておいた.ovaファイルを指定し「次へ(>)」をクリック。

f:id:shin569:20160509012435p:plain


「OVF テンプレートの詳細]」画面が表示されるので「次へ(>)」 をクリック。

f:id:shin569:20160509012654p:plain


「名前と場所」の画面で、vCenter Server Appliance の名前を入力して、「次へ(>)」 をクリック。

f:id:shin569:20160509012945p:plain


データストアを選択して、次へ をクリックします。

f:id:shin569:20160524213550p:plain


ディスク フォーマットを選択して、次へ をクリックします。

※今回は「Thin Provision」を選択します。

f:id:shin569:20160524213619p:plain


終了 をクリックします。

f:id:shin569:20160524213726p:plain

 

デプロイが正常終了すれば「閉じる」をクリック。

f:id:shin569:20160524222838p:plain

 

以上で、vCenterの仮想アプライアンスのデプロイができました。

 

vCenter Applianceサーバ初期セットアップ

インベントリ画面でVCSAの仮想マシンを右クリックし、「コンソールを開く」を選択するとコンソール画面が表示されます。管理画面へアクセスするためのIPアドレスを確認の上、ブラウザで接続します。

f:id:shin569:20160524231448p:plain

 

ユーザ名とパスワードを入力しログインします。

(デフォルトのユーザ名:パスワードは、root:vmware)

f:id:shin569:20160524232402p:plain

 

ライセンスの同意画面(EULA)が表示されるので、「Accept license agreement」にチェックを入れ、「Next」をクリック。

f:id:shin569:20160525230415p:plain

 

 デプロイ後はDHCPでIPが割り当てられているので、Static IP設定にするためにいったん「Cancel」でセットアップウィザードを閉じる。

f:id:shin569:20160524235702p:plain

 

「Network」->「Address」タブを選択し、IPv4 Address Typeを「DHCP」から「Static」に変更後、HostnameやIPv4 Addressの設定を入力。「Save Settings」をクリックし変更を反映させる。

f:id:shin569:20160525232516p:plain

 

ブラウザをリロードすると、ログイン画面が表示されるので再度ログイン。

「vCenter Server」-> 「Database」タブを選択し、Database typeで「embedded」を選択。「Test Settings」をクリックし成功したら「Save Settings」で変更反映。

f:id:shin569:20160525235258p:plain

 

続いて「SSO」タブを選択し、SSO deployment type:で「embedded」を選択。administrator用のパスワードを設定し、「Test Settings」をクリック。成功したら「Save Settings」で変更反映。

f:id:shin569:20160526003917p:plain

 

警告画面が表示されたら「OK」をクリック。

f:id:shin569:20160601210822p:plain

 

VPXDサービスが停止されていない場合は下記のエラーが表示される。

f:id:shin569:20160601211639p:plain

 

コンソール画面へログインし、vpxdサービスを停止後再度SSOの設定をする。

service vmware-vpxd stop

f:id:shin569:20160601211731p:plain

 

「Summary」タブに戻り、vCenter欄が以下の状態になっていることを確認。

 Server :   Running   (なってない場合はStartボタンをクリック)

    Inventory Service :  Running (なっていない場合はStartボタンをクリック)

    Database :  embedded

    SSO :  embedded

f:id:shin569:20160601233321p:plain