OpenfilerでiSCSI接続の共有ストレージを構築

はじめに

今回はOpenfilerをiSCSIサーバ(ターゲット)として設定する手順を説明します。

 

 

 

Openfilerでの設定

Web管理コンソールへのログイン

Openfilerインストール時に管理ネットワーク用のインターフェースに割当てたIPアドレスへブラウザで接続します。

接続先URL: https://IPアドレス:446/

ユーザ名: openfiler

パスワード: password

f:id:shin569:20160512223134p:plain

 

「Status」画面が表示されればログイン成功です。

f:id:shin569:20160512223232p:plain

 

iSCSI用インターフェースへIPアドレス設定

「System」画面を選択し、画面中央辺りの「Network Interface Configuration」欄に表示されているiSCSI用インターフェース(ここではeth1)の「Configure」をクリック。

f:id:shin569:20160512223731p:plain

 

Boot Protocolを「Static」に変更し、「Continue」をクリック。

f:id:shin569:20160512224123p:plain

 

IPアドレス、ネットマスク、MTU値を設定し、「Confirm」をクリック。

f:id:shin569:20160512224646p:plain

 

ボリューム作成

物理ボリュームの作成

「Volume」画面を選択し、「create new physical volumes」をクリック。

f:id:shin569:20160512230007p:plain

 

Openfilerの仮想マシンに追加したハードディスク(ここでは/dev/sdb)をクリック

f:id:shin569:20160512230613p:plain

 

サイズがハードディスク全領域になっていることを確認し、「Create」クリック。

f:id:shin569:20160512230939p:plain

 

ボリュームグループの作成

続いてボリュームグループを作成します。

任意のボリュームグループ名(ここでは ESX-iSCSI-1)を入力し、先ほど作成した物理ボリューム(/dev/sdb1)をボリュームグループに追加するため、チェックボックスをONにし「Add volume group」をクリック。

f:id:shin569:20160512231701p:plain

 

論理ボリュームの作成

「Shares」画面を選択し、「create a new filesystem volume」をクリック。

f:id:shin569:20160512232123p:plain

 

論理ボリューム名、ボリュームサイズ、ボリュームタイプを指定し「Create」をクリック。ここでは以下の通り設定してます。

Volume Name : iscsi1

Requested Space (MB): 48800  

※空きスペースを全て割当てるため画面上部のFree Spaceの値をコピペしてます。

Filesystem/Volume type: block (iSCSI,FC,etc)

f:id:shin569:20160512232626p:plain

 

 

ネットワークアクセス設定

「System」画面を選択し、画面下部の「Network Access Configuration」欄に共有ストレージへアクセスできるネットワークの設定を行います。以下の通り設定し「Update」をクリック。

Name: iscsi

Network/Host: 10.10.10.0

Netmask: 255.255.255.0

Type: Share

f:id:shin569:20160512233819p:plain

 

iSCSI Targetサービスの有効化

「Services」画面を選択し、「iSCSI Target」の「Enable」をクリック。

続けて「Start」をクリック。

f:id:shin569:20160512234900p:plain

 

「Enable」になったことを確認し、続いて「Start」をクリック。

f:id:shin569:20160512234519p:plain

 

iSCSI Target」が「Enable」および「Running」になったことを確認。

f:id:shin569:20160512235003p:plain

 

iSCSI Targetの作成

「Volumes」画面を選択し、画面右のメニューから「iSCSI Targets」をクリック。

画面中央の「Add」をクリック。

f:id:shin569:20160512235442p:plain

 

続いて「LUN Mapping」タブを選択し、「Map」をクリック。

f:id:shin569:20160512235756p:plain

 

「Network ACL」タブを選択し、iscsiネットワーク(10.10.10.0/24)のアクセスを許可しするためAccess列を「Deny」から「Allow」に変更し「Update」をクリック。

f:id:shin569:20160513000326p:plain

 

以上でOpenfilerでのストレージ構築は完了です。